スポンサーリンク

マウスコンピューター第3回カンファレンスに参加してきました。

2016年6月26日

2012年5月に第3回マウスコンピューター アフィリエイトカンファレンスに参加してきました。

私は第2回目からの参加で2回目となります。昨年に初めて参加した際、マウスコンピューターのこだわり、品質に対することや、いかに無駄を省いて製品の向上、製品の性能アップを目指しているかを知ることが出来ました。

それ以来マウスコンピューターのBTO、新しい商品をとても楽しみにしてきました。

今回も新商品の発表もありました。

当サイトである、外出先でもバッテリーを気にしないノートパソコンにおいて、性能はもちろん、モバイルパソコンとして、マウスコンピューターでご紹介されている【11.6型光沢ワイド液晶搭載】LuvBook Sシリーズについても、実機に触れることが出来ました。

価格面もリーズナブルなのもうれしいですね。

カラーバリエーションは、3色からで、ブルー、レッド、シルバーの中からの選択となります。

LuvBook-Sシリーズ

バッテリー駆動時間は、約5.3時間となっております。今回、おすすめなのがSSD搭載されたモデルです。

担当者の方もおっしゃっていましたが、今までHDDのノートパソコンで、保存する際や、起動時間に若干の不満を抱えていた部分が、SSD搭載になると、格段に処理が早いことから、SSD搭載のパソコンから、HDD搭載のパソコンへは、戻れないですよ!!と言わせてしまうくらい処理能力が上がるそうです。

さまざまなパソコン雑誌においても、確かに差が大きいと思いました。

私もSSD搭載モデル使ってみたいと思いますからね。次の購入の際の道しるべになった気がします。

バッテリー駆動時間については、今後の選択肢としてより長くできたらなと思います。

ただし、その駆動時間の長くすることで、性能に妥協もして欲しくないし、価格面も大幅にアップするということになると、ちょっとさびしくなるかも。。。

BTOなので、性能をアップするということは価格面はプラスになるということも分かりますが、今後もきっとますます性能も技術も向上すると思うので、頑張ってほしいと思います。

LuvBook-S ブルー

ブルー

LuvBook-S レッド

レッド

LuvBook-S シルバー

シルバー

この3色の中で、人気なのがレッドだそうです。売れ筋も変わるとは思いますが、レッド→ブルー→シルバーの順番のようです。私もどれがいいか?と聞かれると、確かにパッと見た眼で選ぶとしたら、レッドかブルーがいいなと思いました。

外出先でも、目立つ色というのも自分をアピールするにも有効だと思いますしね。

外出先でパソコンを使う際に気になることは、何か?モバイルノートパソコンなのだから、コンパクト差は気になります。

重さは、1.54kg、仕事用に持ち歩くバックにも入るサイズで、11.6型。ネットにつなげたいから、家では無線ラン、外出先ではWIMAXということも可能です。

カスタマイズの選択しにも内蔵WIMAXにも5,250円プラスすれば可能です。

そうすることで、配線や、通信機器を持ち歩かなくても大丈夫ですね。

重さは、ちょっと重く感じるかもしれませんが、ずっしり来る重さではないと思うので、大丈夫かな?と思います。

LuvBook-S ブルーを片手で軽

片手で持ちあげてみました。

若干重いかな?とも思いましたが、写真のような持ち方を、長い間行うかというと、おそらくないと思いますので大丈夫かなと思います。

LuvBook-S キータッチ 

少しキーを叩いてみました。

LuvBook-S 裏側

裏側は、こんな感じになっています。

LuvBook-S 表面

表面は、こんな感じです。

光の加減で、変わる印象が高級なイメージになってかっこいいなと思いました。

今回の記事でご紹介した【11.6型光沢ワイド液晶搭載】LuvBook Sシリーズは、第2世代のインテルプロセッサーを搭載モデルです。

USBポートも3つ、USB2.0 2個とUSB3.0 1個ついています。

詳しくは、サイトをチェックしてみてくださいね。

マウスコンピューター/G-Tune

カンファレンスで新商品の紹介されているパソコンについては、私が運営する他のサイト、ジェネっちのパソコン選びで、ご紹介していきたいと思います。