スポンサーリンク

マウスコンピュータの最新LuvPad WN1100が、気になります

2016年6月26日

20周年記念のマウスコンピュータに、気になる機種があります。

最近、新しいモデルを各メーカーで出していると思いますが、ノートパソコンでありながら、タブレットにもなるというタイプのもの多いと思います。私も気になるところです。

しっかりノートパソコンとしての機能をもちあわせているところ、Windows8の魅力を最大限に発揮させそうなイメージのタッチパネル。

ノートパソコンの画面を触って直感的に作業ができるようになると、タブレットでもいいのでは?という意見もあるかと思います。

そうなると、ノートパソコンとしての意味はどこへ行ってしまうのか?感慨深いものです。

便利になるのもいいですが、高性能なノートパソコンも発売されていく中で、タブレットにもなっていく、いいとこどりのパソコンが、今回気になるモデルLuvPad WN1100です。

Windows8タブレットWN1100③

パソコンと、キーボードが映っていますが、この見た目を私は、オールインワンの一体型のデスクトップと、一瞬見間違えてしまいました。

LuvPad WN1100のモニターが、11.6型でなくてより大きなモニターであったら、デスクップにもなりそうですね。と想像するのは、私だけでしょうか?

11.6型のモニターで、出来る作業はタッチ対応ということもあり、キーボードをモニター画面にだして、操作するのもたやすいし、キーボードを用意すれば、テーブルに置いての作業がしやすいというところも魅力的。

USBなどもついているので、プレゼンに必要な端子を接続することも可能です。

欲を言えば、もっとUSBが使えるようになってもらいたいですね。

SSD搭載で、起動も早いし、駆動時間約5.5時間、使い方で充電の持ち時間も変わるとは思いますが、使い勝手を考えると今気になるパソコンの1つです。

実機を試せたらいいなと思います。

LuvPad WN1100の価格も魅力の一つです。

5~6万で購入できるのですからね。

2015年10月4日記事を更新しました。