スポンサーリンク

セキュリティー対策ソフト、マカフィーに任せてみたくなりました。

2018年11月21日

ネット環境を安全にしたいなら、マカフィーのリブセーフは、いかがですか。

私がマカフィーのリブセーフのお話を伺ってきましたので、まとめてみました。

リブセーフ

マカフィーは、世界中の多くの方に使われています。

そして、今守らなきゃいけないのは、パソコンに限らず、スマホなどネット環境にある端末は多く存在しています。

それらをカバーしないと、脅威から安全に守ることができないそうです。

そんなお話を伺うと、ちょっと他人ごとではないな!!と感じました。

確かに、今ネットを使用しているのは、パソコンだけではないのです。

携帯電話だって、ネットを使用して多くの情報を得ています。

世の中を見てみると、スマートフォンも機能充実で、パソコンと変わらないくらい便利に使われています。

アプリを介せば、例えば、クルマのナビゲーションとしての役割をはたしていたりします。

会社の事務所や、自宅のセキュリティも奥は、ネットにつながっていることが多いのです。

先日、東京モーターショーに行ってきたのですが、ネット環境というのも、家とクルマとのつながりにもなっていました。

ネットを通じて、あらゆる環境が便利になるということが、よくわかりました。

マカフィーでは、リブセーフという新しいセキュリティソフトがあります。

生体認証で、保護される。

パスワード管理をマカフィーが、しっかり守って管理してくれます。

マカフィー リブセーフ 2014 1年1ユーザー

そして、当然パソコンのほかに、スマフォもしっかりカバーできます。

スマホユーザーの多くは、パスワードを変えていない方が多いそうです。

メールアドレスも同じです。

そのセキュリティーの甘さを狙って、思いもよらないことが起きてしまう可能性が出てしまうそうです。

最近、パソコンでもそうですが、パスワード管理に気をつけるような、注意喚起をしているのを見かけます。

安全にネットを楽しむには、自己管理、パソワード管理など注意すれば、防げるところもあるのだと、教えてくれています。

マカフィーのリブセーフは、パスワードの管理をしてくれるそうです。

ということは、セキュリティ会社が、大切なパスワード管理してくれるということです。

マカフィー リブセーフ

よくセキュリティソフトに、WindowsとMac対応しているソフトを別々に用意する必要が、今まであったと記憶していました。

リブセーフは、デジタルライフを安全にサポートしている新しい製品です。

結構このデジタルライフを安全に。。。というところに惹かれているのですが。

デバイス保護で、WindowsもMacも無制限に使えるようになっているところも魅力です。

デバイス保護が、無制限ということは、パソコンでも、モバイルでも同じです。

知らないところで勝手に使われてしまうことから守る。データ保護

ユーザーが使っている、インターネットにつながる環境は、過去は、1~2台という感じだったと思いますが、今は、平均5台以上といわれています。

家庭環境の中で、ネットというのは、すでに無くてはならないところに来ています。

お子様の環境も同じです。

ゲームをするにも、今は、ネットが不可欠なのです。

そういうところを、つけ狙ってくるので薄から、守るために、何をすべきかが、とても重要です。

お子様を守るためにも、マカフィーのリブセーフは、とても頼りになる存在になると、お話を伺っていて感じることができました。

リブセーフは、CDでインストールするのではなく、カード1枚でダウンロードして使うセキュリティソフトです。

マカフィー・ストア

マカフィーリブセーフカード

●インターネットにつながるすべてのデバイスに無制限にインストールできるのが特徴的です。

●ウェブサイトのログインIDや、パスワードなどを一括管理できます。

登録には一度入力する作業が必要ですが、一度入力すれば、一括管理してくれるので安心です。

●生体認証

他人に使われないようにする、もっとも有効なセキュリティだと私は思います。

いろいろな部分で、生体認証ができるところを最近見かけます。(特に銀行かな。。)

●クラウド管理

気になるところは、パスワード管理です。

マカフィで、パスワード管理してくれるということですが、その管理してくれるのは、人だと思うのです。

しかし、マカフィーさんのお話では、安全に管理されているとのことです。

(マカフィーのスタッフがその個人情報の部分は、絶対見ることができない仕組みになっていて、安全にサポートする部分は、セキュリティにかかわるシステムなのだそうです。)

また、最近は、インターネットバンキングというものを利用する機会が増えました。私も使っています。

しかし、まだそこの部分は、対応できていないそうです。

管理する部分は、オンラインショッピングなどのIDや、パスワードの管理だそうです。

パスワード管理してほしい部分は、はじめ入力が必要ということですので、利用している、オンラインショッピングなどのIDやパスワードといったところで、いっぱいありすぎて、忘れることが多いよ!!という方には、助かる管理だと思いました。