スポンサーリンク

電子書籍のお店BookLiveのご紹介です。いつも購入している雑誌も電子書籍になっていて驚きました。

2015年9月2日

電子書籍の販売をしている、BookLiveのご紹介です。

国内最大級の電子書籍を扱っているお店です。

電子書籍を購入したことがないのですが、購入前に無料で読むことができるものもありますので、気になる書籍をちょっと読むことができるのはありがたいサービスだなと思います。

ホームページで確認していくと、まず、会員登録するとお得なんだとわかります。

BookLive③

本を購入する際、もちろんほとんどの方は、会員登録すると思いますが、購入をする前に会員登録をすれば、約8,000冊以上ある無料で読める特典があります。

もちろん会員登録するには、無料とありました。

ホームページ見ていくと、無料で、立ち読みという形で、見ることができますが、そのためには、読み込むためのBookLive!Readerというソフトをインストールする必要がありました。

ホームページをチェックすればすぐにわかると思います。利用する際は、ぜひ、インストールしてみてくださいね。

また、使い方として、ポイントというのがあります。

クレジットでの支払いもできますが、たまったポイントで購入することもできます。

ポイントの購入は、ミニストップなどのコンビニや、書店でも購入ができます。

500円が、500ptという感じで加算されていくようです。

電子書籍を購入したことがないのですが、改めて、いろいろBookLive!のホームページ上を散策していくと、こんなにも多くの書籍が電子書籍として販売されているのかと思い知らされました。

本をよく購入するのですが、よく購入する雑誌も含め、電子書籍化されているのが分かります。

新しくでたらすぐ読めるというのは、インターネットは、とても便利ですね。

それに、電子書籍を読むためのパソコンや、タブレットなどなど、便利ですね。

BookLive

上手に使いこめば、実際ホンを購入すると部屋の中で、埋もれていく本の数々とは違って、電子化されているので、紙ではない不思議な感覚ですね。

私のパソコンは、まだWindows Vistaを使っているのですが今のOS、Windows8で、モニターもタッチパネル対応なら、本をめくるような感覚で読み進めるので、良さそうです。

本の整理をするのも、電子書籍は、楽そうですね。

電子書籍を実際読んでいる方なら、当たり前かもしれませんが私は、まだまだ電子書籍を読むという経験は、ゼロではないですが、経験不足ですので、ホームページ上の散策で、想像するしかないのですが、とても身近な電子書籍になっているのかもしれませんね。

無料で読めるいわゆる立ち読みもできるものも多くありました。

良く購入する雑誌が電子書籍化になっているので、興味深いです。

購入するのに、プリペードカードが私には、必要になりそうなので、ちょっと面倒な気もします。

クレジットカードで購入する方法もありますので、それぞれの方法で楽しんでみてくださいね。

2015年9月2日記事を更新しました。