スポンサーリンク

マイクロソフトSurface実機に触れて感じたこと

2016年7月18日

先日、パソコンのイベントに参加してきました。

気になっていたこともあって、マイクロソフトSurfaceも実際、見て触ることもできたので、とてもよかったです。

Surface箱です

Surface Pro 4

Surfaceは、こんな箱に入っています。

Surface Pro 4 も発売されていますので、とても気になるパソコンです。

「これさあれば、なにもいらない」のかな。。。

Surface-触ってみた

キーボード部分に触れてみました。

Surfaceキーボード部分

写真の撮り方で色合いが変わってしまいましたが、キーボード全体です。

ノートパソコンとしてもタブレットとしても使えるということで、Surfaceのキーボードは、特に薄いなと感じました。

薄くても、キー操作は普通にできますよ(笑い)。

重さも、軽くて後で、ホームページをチェックすると、767gとなっていました。

ノートパソコンとしても、タブレットとしても使えることから、いろいろなシチュエーションで使っていくことが考えられるので、魅力的だと思います。

携帯して持ち歩いた場合も、最長約9時間使えるそうです。

そうなると、バッテリーを気にしなくてもよさそうで、安心して持ち歩けると思います。

軽いですしね。

Surface画面に触れて

画面は、12.3インチ。手で大きさを確認してみました。

とても見やすい画面です。

Surface付属のペンで書く

付属のペンを使うと、文字や絵など、書きやすいです。

Surfaceペン持つ

パソコンの本体にくっ付いています。

ペンを持ってみました。

使わないときは、磁石でくっついている感じです。

Surface電源コード接続部

パソコンの電源コードも磁石で、外れにくくなっています。

付属のペン以外でも、もちろんさまざまなタッチ用のペンで使うことができます。

好みで、見つけて見るとよいですよね。

マイクロソフトペン

Surface 用アクセサリの中から、自分好みのものを探してみてくださいね。

Surface ペン

Surface閉じた状態

本体閉じた状態です。

Surfaceカメラ部分

カメラの部分です。

Surface音量調整

音量の調整するところです。

マイクロソフトロゴ

Surface Pro 4

Surface横から

最新モデルのSurface Pro 4をチェックしてみてくださいね。

アマゾンでこんな本を見つけました。

知りたいことが分かるかも?と、思ってこちらもチェック。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)