スポンサーリンク

ThinkPad X230 実機体験レポート

2014年11月22日

ThinkPad-X230①

レノボさんから、ThinkPad X230 (Windows8Pro)をお借りしました。早速実機体験レポートを書きたいと思います。

ThinkPad X230 は、モバイルノートパソコンとしての携帯性や、性能について魅力的なノートパソコンだと思います。

携帯性がよいな!!と感じたのが、パソコン本体の大きさです。コンパクトだな!!というのが第一印象です。

また、重さも本体を持った感じで見ると、とても軽くて、魅力を感じるノートパソコンです。

ThinkPad-X230-(Win8Pro)

30cmの定規の大きさと同じくらいです。

家で使うよりも、外出先での作業を考えると、このくらいの大きさが私的に丁度よい大きさだなと思いました。

ThinkPad-X230②

ThinkPad-X230③

パソコンのモニターも見やすく、キータッチも本体の大きさから見るとやりづらいこともあるかな?などと想像していましたが、普通に操作ができたことから、外出先での作業も、難なくクリアー出来そうな気がします。

バッテリーに関しても、通常の構成モデルのものを見た場合、ホームページを参考にしましたが、カスタマイズにもよりますが、ThinkPad X230は、6セルリチウムイオンバッテリーで約9,4時間だそうです。

また、ホームページで紹介されているモデルは、4セルリチウムバッテリー(約4時間くらい)が標準となっているようです。

また、購入を検討する場合Lenovo Web 広告限定ストアのクーポンを利用した方が良いと思います。

お得なお買いものができるかと思います。詳しくは、ホームページで確認してみてくださいね。

外出先へ持ち運ぶ際、気になるのは重さです。ホームページでは、ThinkPad X230は、約1.48kg(6セルバッテリー搭載時)と書かれています。

実際計って見ました。

ThinkPad-X230④

ThinkPad-X230⑤

本体と電源コードの重さをはかってみました。本体が、約1.4kgで、電源コードについては、約300gでした。

本体と電源コードを一緒に持ち歩いたとしても、約2kgです。

手軽さを感じる、ノートパソコンだと感じました。

ThinkPad-X230⑥

Windows8搭載ということで、タッチパネルについてですが、タッチパネル非対応でした。

とはいえ、タッチ操作ではなくても、スムーズに動かすことができるので、特に問題なしです。

それに、電源入れてからの起動がとても速いです。

その逆つまり、シャットダウンにかかる時間も早いです。また、再起動に関してもです。

ストップウオッチを使って計って見ました。

早いパソコンは、いいですね!!早ければ、それだけ外出先で使う場合のみならず、消費される電力も、少しでよいということでエコだと思います。

ThinkPad-X230⑦起動計測

  
ThinkPad-X230⑧

電源を入れてから、パソコンが立ち上がるまでの時間を計測したら、約16秒でした。

早っ!!と思いました。

ThinkPad-X230⑨シャットダウ

シャットダウンの際の計測は、約14秒でした。

ThinkPad-X230⑩再起動計測

再起動の際の計測は、約27秒かかりました。

再起動する場合、一回パソコンを終了して、また、起動すると時間がかかる作業ですが、今回再起動をはかって見た結果、こんな感じになりました。

ThinkPad X230おすすめモデルは、こちらから

ThinkPad X230を実際体験してみて、起動も早いし、本体の大きさもコンパクトな感じですが、キータッチもやりやすかったすので、満足できるパソコンです。

バッテリー駆動時間も外出先でのバッテリーを考えて、カスタマイズ選択すれば、長い時間使えるパソコンになりますので、魅力あります。

CDや、DVDなど見たい場合は、ドライブがついていないので、外つけのドライブが必要になります。

メインのパソコンというより、作業を外出先でも使いたい!という際に使いやすいパソコンとして、選択したいところです。

またカスタマイズするなら、SSDの選択もオススメしたいですね。起動時間が全然変わってくるので、私はSSD搭載にしたいなと思いました。

ThinkPad-X230⑪

2014年11月22日記事を更新しました。