スポンサーリンク

Yoga Tablet 8実機体験レポートです。

2014年11月3日


Yoga Tablet 8をレノボさんからお借りしました。

さっそく、体験レポートを書きたいと思います。

レノボさん公式ホームページで、タブレットユーザーの使い方に合わせて、使いやすくしたそうですので、その使いやすさ!を中心に、書きたいと思います。

YOGATABLET8立つ

私が見て、これだ!!と思ったところが、写真でもわかるように、タブレットが、自分自身の力で立つのです。ちょっと言い方が変ですかね。

それでも、合っているところは写真のように、立つのです。

今まで見てきたタブレットは、タブレットケースなどの力により、角度を変えながら、立ってきました。

備え付けのもので、タブレットが立つのですから、使いやすさは変わると思います。

YOGATABLET8裏側

裏側を見てみると、すっきりしたタブレットですね。これが、ある部分を開くことで、タブレットを立たせられます。

YOGATABLET8裏側開ける

裏側を見て行くと、電池パックが入っていそうな部分があると思います。ココを開くと、タブレットを立たせることができるのです。

YOGATABLET8モニター画面

Yoga Tablet 8を、立たせて画面を見るとこんな感じで綺麗に見ることができます。

IPSディスプレイということもあって、明るくて見やすくて、使いたいところに立たせて、使うことができるのは便利で、魅力に感じました。

YogaTablet8縦に置いてみた

画面の写りこみを縦にしたら、こんな感じで見えます。少し暗くなるのは、動かしていないと、すぐに反応して、暗くなってしまいます。電池を節約する機能なのだと思います。

タブレットというと、バッテリーが内蔵されていて駆動時間が長いというイメージがあります。

期待通り、Yoga Tablet 8は、駆動時間およそ16時間だそうです。長く使えるので、たっぷりと使えるので、安心です。

YOGATABLET8 

YOGATABLET8見え方

あっ!そういえば、横には、立てられるけれど縦では、立てられなそうですね。レノボさん、そこは、どうなの?と聞きたくなりますね。

でも、もしかしたら、タブレットユーザーは、縦で見る際は、ほとんどの方が、手に持った際に、角度を調整して、横にしてみたり、縦にしてみたり、することが多いのかな!

そして、テーブルなどに置く際は、縦より、横の方が、安定するからこんな感じにしたのかもしれませんね。

重さは、タブレットなので、やっぱり軽くていいな!と思います。

持ち歩く頻度が高いから、軽い!というのは、助かります。どのくらい軽いのかを実測してみました。

YOGATABLET8重さ量る

およそ、400gでした。持ち歩くのに、それほど苦にならなそうですね。バックに入れて、持ち歩けば小さいから、場所もとらないと思います。

電源コードは、ほとんど外出先には持ち歩かなくてもいい気がしますが、旅行に出かけたりするかもしれませんので、知っておいてもよいと思って、重さ量ってみました。

YogaTablet8電源コード量る

電源コードと本体を持ち歩いても、500gくらいに収まるみたいです。

軽くていいですね。

体験した時に、動画を作りました。よかったら、見てね。

Lenovo Yoga Tablet 8(MT8125/1GB/16GB/8.0 IPS) 59387741

新品価格
¥15,980から
(2014/9/16 14:06時点)

VSTN Lenovo YOGA TABLET 8 専用 脱着式Bluetooth キーボード PUレザーケース付き(ブラック)

新品価格
¥2,850から
(2014/9/16 14:07時点)