スポンサーリンク

HPのWindows8搭載モデル・ウルトラブック実機体感レポート

2016年7月18日

Windows8が2012年10月26日に発売されてから、間もなく2カ月が経とうとしています。

先日行われたパソコンフェア2012でも、Windows8搭載されたモデルをたくさん触れることが出来ました。

今記事では、HPのウルトラブックに着目しました。

薄さや、軽さと長時間使えるバッテリーということもあり、外出先でもじっくり作業をすることができるからです。

電源コードがないところでも作業を気にしなくてもいいのは魅力があります。

ウルトラブックの可能性も含めて紹介できたらと思います。

街で見かけるのはスマートフォンやタブレットを多くの方が利用しているのを見かけます。

マップや、お店情報などは、充分使いやすいと思いますが、入力作業や、機能性を考えると、まだまだノートパソコンの活躍には期待できると思います。

両方あるといいなと思うこともありますが、ウルトラブックのように軽くて持ちやすいということであれば、マックファンはともかくとして、Windowsを使っているユーザーとしては期待したいところです。

HPウルトラブック

HPウルトラブック2

HP ENVY4-1100 については、14インチという画面と約8時間という長い時間使うことができるウルトラブックです。

仕事にもプライベートにも使えるノートパソコンです。

Windows8搭載で、タッチパネルにも対応しています。

タッチパネルは、直感的に動作するのが特徴になるので、使いこなせたらキット使いやすくなると思います。

重さ約1.77kg、厚さは約19.8mmということで、使う場所を選ばないノートパソコンです。

HPウルトラブック3

HPウルトラブック4

ウルトラブックの裏側であったり、横から見るとこんな感じであったりと、角度の違う写真も撮影出来ました。

デザインにこだわるHPは、持ちやすく裏側にラバー素材になっています。

こういう使う人への優しさもHPのパソコンにはあります。心使いには、ほんとうれしいですよね!!

HPのパソコンでうれしい機能で音に対するこだわりです。

Beats Audioのスピーカーがついています。

薄くてもしっかり質の高い音が楽しめます。

ただし、マルチプレイヤーなど付いていないので、必要な方は外つけのものを用意するといいです。

それから、Bluetooth対応の周辺機器は使うことができるので、Bluetoothを通して音楽など聞くのもいいかもしれませんね。

HP ENVY4-1100 の価格については、こちらで確認できます。 

詳しくはホームページを確認して見てください。(2012年12月7日現在)

HP Directplus オンラインストア