スポンサーリンク

XPS13について!!

2016年7月17日

デルのウルトラブックXPS13がいいなと思うところ、今までのデルのノートパソコンよりも薄くて軽いというところじゃないかなと思います。

ウルトラブックというものは、こういうものだと言われるかと思いますが、持ち運ぶのに重たかった普通の今までのノートパソコンとは違うというところは、実感できます。

かつて、デルではないですがノートパソコンを仕事で使うために購入しました。

windows meですから、かなり違うと思いますが、今でも思いだすと、重かったなという実感があります。

比べてはいけないとは思いますが、当時にしてみればとても便利でしたし、よかったです。

XPS13の実機を手で持ってみると、片手で持てますし、女性でもきつくないくらいの重さであることも分かります。

XPS13を手に

XPS13を片手で持って

重さ、1.36kgは伊達じゃないと思います。

動画サイトでレビュー動画が紹介されていましたので、今記事で共有させていただきました。

参考になればと思います。

2つのパソコンを重ねて比べ

2つのパソコン重ねてみた

富士通のパソコンと、XPS13を比べてみました。
(写真は、パソコン教室の際に撮影したものです。)

XPS13のコンパクトな部分も少しですが、分かりますでしょうか?

XPS13の薄さを撮影  

XPS13横から

厚みが最薄部6㎜、最厚部18㎜ということで、横から撮影してみました。

斜め横から見たのが、薄さを実感できそうですね。

XPS13のキータッチ

キーボードの配列が私が現在使っているデスクトップのキーボード配列と違うのですが、これも、使っていくうちに慣れていくので、購入されたら、最初は若干の違いに戸惑ったとしても慣れてしまえば使いやすいのかな!!と思います。

XPSの裏側

XPS13の裏側です。XPS13には、ディスプレイに対して、耐久性の優れたゴリラガラス(ボールペンなどでディスプレイを思い切り叩いてもキズが出来ないくらい強度が高いそうです)を採用されていたり、カーボンファイバとアルミボディの採用によって軽さと、強度があります。

モバイルとして持ち運ぶノートパソコンは、実際電車で通勤、しかも混雑の中でも強度がとても重要になってきます。

もみくちゃになった時、負荷によるデータが壊れたなんて言ったら、大変ですからね。

デルホームページでスタンダードモデル構成で、85,780円(2012年9月11日現在価格)と、10万円を切る値段で構成されています。

10万円以内で収まる価格と、さらにカスタマイズされた場合や、もっと構成の高いハイスペックモデルを選ぶかは、使用用途で決めるといいと思います。

価格も変化しますので、購入の際にチェックしてくださいね。

デルサイトで行われている、イベントや、お得な価格など揃っていますので、ぜひ、チェックしてみてくださいね!!

Dell Ultrabook特集

クリアランスセール

デル株式会社